ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》①

スポンサーリンク

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》の初回記事です。

株式の割安割高を判断する指標はたくさんありますが、世界バフェット指標は、わたしが横綱級の信頼を置いている指標です。しかし、それほど周知されていないようです。

証券会社に勤めていた友達に

「バフェット指標って知ってる?」

って聞いたら怪訝な顔をされました。

市場の過熱感を探る上ですごく役立つ指標だと、個人的には思うんですがね・・・

 

★世界バフェット指標を知る主なメリット

 

□長期的視点から、全世界の株式市場の過熱感の推移を俯瞰できます □世界的な株式の割安・割高を判断する手がかりになります □割安に買って、割高に売る長期投資を実現しやすくなります

 

★まず、「バフェット指標」とは?

 

まず、バフェット指標の一般的な説明を引用します。

バフェット指標は、投資の神様とも言われる、ウォーレン・バフェット氏が愛用しているとされる、ある国のGDPと上場株式の時価総額の総和を比べる指標をいいます。これは、ある国の株式時価総額増加率と名目GDP成長率は長期的には収斂するとの主張に基づくもので、ある国の株式相場に急落の可能性は高まっていないか、あるいは逆に売り込まれすぎていないかを見る場合に使われます。

※引用元:金融情報サイト「バフェット指標」

 

具体的には

◎バフェット指標=ある国の時価総額÷名目GDP

です。ここでの時価総額市場規模をさします。

名目GDPは経済規模のことでもあるので、

◎バフェット指標=市場規模÷経済規模

です。

時価総額の説明→【世界時価総額】で株式の割安割高を探る【ダイジェスト版】

※GDPの説明→金融情報サイト「GDP」

 

★世界バフェット指標とは

 

◎バフェット指標=ある国の時価総額÷名目GDP

なので、

全世界のバフェット指標=全世界の時価総額の合計額÷全世界の名目GDP

です。

 

全世界のバフェット指標のことを、当ブログでは世界バフェット指標と呼びます。

●世界バフェット指標全世界の時価総額の合計額÷全世界の名目GDP 世界バフェット指標=世界の市場規模÷経済規模

 

例えば、2016年12月末時点で

全世界の名目GDP:約75.2兆ドル(IMF推計値)

全世界の時価総額:約70.1兆ドル

なので、

世界バフェット指標=70.1÷75.2≒0.93

です。この時点で、世界の株式市場規模(時価総額)は経済規模(GDP)の約93%であることが分かります。

※データ出所:◎株式市場規模→WFE(国際取引所連盟) ◎名目GDP→IMF

★次回に続きます

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ