ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

最新のシンヨウカイザン(信用買い残。2017.4.28)で探る日本株の割安割高

スポンサーリンク

最新の信用買い残で、日本株の割安割高を推測します。

信用買い残とは

信用買い残については、以下のリンクを参照ください。 

www.yukimatu-value.com

 

基本的に信用買い残は投資家心理や信用状態を反映し、

長期的な平均値より、信用買い残が

●大きい⇒日本株は割高?

●小さい⇒日本株は割安?

と判断する目安になる指標だとわたしは考えています。

 

信用買い残の推移

以下のグラフは2001.6/1~2017.4/28の信用買い残の推移です。

f:id:yukimatu-tousi:20170505201418p:plain

 ※出所:トレーダーズ・ウェブより管理者作成

 

信用買い残の主要データ

平均値 2.36兆円

中央値 2.20兆円

※便宜的に概ね2.3兆円を平均とします

最大値 5.98兆円<2006.2/10>

最小値 0.81兆円<2003.1/17>

※期間2001年6月1日~2017年4月28日 811個のデータより

※データ出所:トレーダーズ・ウェブ

 

信用買い残の現状と分析

f:id:yukimatu-tousi:20170505203113p:plain

※出所:トレーダーズ・ウェブより管理者作成

 

①長期平均との比較

2017.4.28時点の信用買い残は約2.4兆円です。

これは長期的な平均値2.3兆円に近い数値であり、

信用買い残だけで判断すると、

日本株は割高でも割安でもない、普通の水準

と推測されます。 

 

②最近2年の推移と現状

f:id:yukimatu-tousi:20170506222036p:plain

※出所:トレーダーズ・ウェブデータより管理者作成

f:id:yukimatu-tousi:20170506222533p:plain

※出所:SBI証券  

上記二つのグラフは、ここ2年の信用買い残とTOPIXの推移を示したものです。

 

2015年8月の「中国景気減速不安」の時期までは、3.5兆円まで増加するなど、信用買い残はとても高い水準で推移していました。

 

しかし、2015年8月以降は下落トレンド、2016.6月のブレグジットの頃には長期平均(2.3兆円)を下回り、2016年秋のトランプ相場が始まるまでだらだらと落ち続けます。

2016.10月頃は2兆円の大台を割り込むところでした。

f:id:yukimatu-tousi:20170506230043j:plain

その後、トランプ相場でやや息を吹き返し、現在は2.5兆円前後というところ。

 

TOPIXや日経平均などの指数はかなり回復していますが、信用買い残はそれに比べてさえない動きです。

 

2017.4月末は日経平均が19000を超えていますが、信用買い残は2兆円台中盤という水準。日銀の年間6兆円のETF買いも、指数にはかなり影響しているもよう。

 

米国市場などに比べると、日本の投資家は比較的懐疑的で冷めているような印象を受けます。

 

イケイケにもなれず、全軍撤収!という雰囲気でもなく、実に微妙な雰囲気で、今の日本市場はとてもむつかしい相場ではないかと思われます。

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ