ユキマツの「長期投資のタイミング」

比較検討により、長期投資における「比較的よさそうなタイミング」と「比較的有望な投資対象」を探るサイト

全世界の時価総額、76兆ドルを突破し史上最高値!世界の名目GDPも今後上回るか?

世界の時価総額が2017.5月末で76.5兆ドルになったのがようやく確認できました。

2015.5月に記録した75.6兆ドルを上回り、史上最高の値です。

※データ出所:World Federation of Exchanges

近年の世界の時価総額

f:id:yukimatu-tousi:20170727222045p:plain

※出所:WFEのデータより管理者作成
上記グラフは1995年1月末~2017.5月末の世界時価総額の推移です。
 
サブプライムバブル絶頂期、2007.10月の63.0兆ドルという記録は、ちょうど6年後の2013.10月に抜かれ、2015.5月には75.6兆ドルを記録します。
 
その後、2016.2月には61兆ドル程度まで、約2割減少するのですが、徐々に盛り返し、ついに2ヶ月前、2017.5月に76.5兆ドルを記録し、史上最高値を更新しました。
 
そして、まだすべてのデータがそろっていないのですが、2017.6月末データは確実に78兆ドルを超えてきます。
←2017.8.4訂正:管理者の計算違いでした。2017.6月末は77.7兆ドルにとどまり、78兆ドルを超えてきません。誤報です。申しわけありません
78兆ドルという数字は、
2009.2月末の28.9兆ドルの約2.7倍
に当たり、また
2017年の世界の名目GDP、約77.99兆ドル(IMF推計値)
をわずかに上回る数字です。

f:id:yukimatu-tousi:20170728000344p:plain

スポンサーリンク

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

GDPをどれだけ上回れるか

世界の時価総額は世界の名目GDPに対して、
ITバブル(1999年)では約8%上回る水準まで
サブプライバブル(2007年)では約9%上回る水準まで

 膨らみました。

f:id:yukimatu-tousi:20170604225004p:plain

 ※出所:◎GDP→IMF ◎時価総額→WFEのデータより管理者作成

この経験則を重視し、仮に世界の時価総額が世界の名目GDPを9%上回るとすると
77.99兆ドル(世界の名目GDP)×1.09≒85兆ドル
の計算から、ざっと85兆ドル程度まで時価総額が膨らめば、この観点からは
近年の2回のバブルに匹敵する
といえそうです。
現在の時価総額が約79兆ドルと仮定すると、85兆ドルまではあと6兆ドル、約7~8%程度の株価上昇で届きます。
もし、85兆ドルも超えてきた場合、この観点からは、近年のバブルを超える異次元の世界ともいえそうです。
 
わたしは2015年に怖くなって長期投資をやめてしまったので、長期投資に関してはただの傍観者なのですが、それでも少し興奮を覚えます。
 
そして、どういう訳かなかなかデータを出してこないインドネシアの取引所(Indonesia Stock Exchange)に気を持たされては振られています(他のめぼしい取引所はすべて2017.6月のデータを出しているんですが、インドネシアだけがそろわない)。
 
そのくらい、今後の展開が興味深くなってきました。
 
関連記事です
・前回の世界時価総額に関する記事です

www.yukimatu-value.com

・世界のバフェット指標に関する記事です

www.yukimatu-value.com

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】