ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

世界のリートの利回り確認など

f:id:yukimatu-tousi:20190801105932p:plain

 備忘録的に東証上場の不動産ETFの利回りなどに関する記事。

 


スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

東証上場不動産ETFの簡単な紹介

①【2515】NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信 

連動インデックスはS&P 先進国REIT指数 (除く日本) (円)。

日本を除く先進国リートへの分散投資(米国比率が高い)。

②【1495】上場インデックスファンド アジアリート 

連動インデックスはFTSE EPRA/NAREIT アジア(除く日本)リート10%キャップ指数。

シンガポール、香港などのリートへの分散投資(シンガポール比率が高い)。

③【1659】iシェアーズ 米国リート ETF

連動インデックスはFTSE NAREIT Equity REITs Index。

米国リートへの分散投資。

④【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETF

連動インデックスは東証REIT指数。

日本リートへの分散投資。

東証上場不動産ETFの利回り、2019年7月末時点(直近12ヶ月)

①【2515】NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数:3.53

②【1495】上場インデックスファンド アジアリート :3.50

③【1659】iシェアーズ 米国リート ETF:4.03

④【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETF:3.13

ざっと3~4%程度。

税引き後だとざっと2.5%~3.2%程度の利回り。

2017年末~2019.7月末の値動き

①【2515】NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数:+1.66

②【1495】上場インデックスファンド アジアリート :-0.95

③【1659】iシェアーズ 米国リート ETF:+3.58

④【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETF:+22.15

4つすべての値動きが確認できるここ1年7ヶ月の値動き比較。

【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETFが異様に上昇。

Jリートが2017年に上昇できなかった反動と思われます。

その他は-0.95%~+3.58%の範囲に収まっています。

米国債との比較

⑤東証上場ETF【1482】シェアーズ・コア 米国債7-10年ETF(H有)の利回りは2.07%。

為替ヘッジ付きの米国債との比較にすぎませんが、現時点で⑤の利回りをどれだけ上回っているかで比較。

①【2515】NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数:+1.46

②【1495】上場インデックスファンド アジアリート :+1.43

③【1659】iシェアーズ 米国リート ETF:+1.96

④【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETF:+1.06

直近一年の分配金を基にすると上記のような結果。

この視点では③【1659】iシェアーズ 米国リート ETFがお得にみえますが、今後の金利、為替動向次第。

おわりに

備忘録的にまとめてみました。

2018年以降の値動きも含めると、この時期の上記の銘柄ではJリートのリターンが大きかった模様。

現在約2%の米国債(10年物)利回り次第でリートの値動きも大きく影響を受けそう。

今後も経過観察。

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly