ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

逆イールド発生 今回は?

f:id:yukimatu-tousi:20190815112204p:plain

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

米国債の長短金利差を確認するメリット

 

米国の景気・株式市場の動向を探る役に立つかも?

 

※当ブログでは「長短金利差」

【米10年国債利回り-米2年国債利回り】

とします。

長短金利差について、詳しくはコチラをどうぞ↓

米国債 長短金利差 <2017.12.22> - ユキマツの「長期投資のタイミング」


スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

直近の長短金利差

f:id:yukimatu-tousi:20190815112724p:plain

※出所:アメリカ 10年 債券利回りアメリカ 2年 債券利回りのデータより管理者作成 ※期間:1995年1月末~2019年7月末

2019年7月末は「0.13%」で月末値としては直近では最低値。

※7月までは直近のボトムは2019年3月の「0.14%」。

前月末より縮小(6月末:0.25%)。

直近のピークは2010年3月の「2.81%」。

月末値でみると2019年7月末まで9年4ヶ月長短金利差の縮小トレンドが続いています。

2019.8.15現在、長短金利差は、0.00%であり、7月末(0.13%)より縮小。

一時的に逆イールドも発生。

※1.56%-1.56%=0.00% 

※データ:米国債・金利 - Bloomberg

1995年以降の長短金利差と株価の関係

f:id:yukimatu-tousi:20190815113324p:plain

※出所:アメリカ 10年 債券利回りアメリカ 2年 債券利回り^GSPC : Summary for S&P 500 - Yahoo Finance のデータより管理者作成 ※期間:1995年1月~2019年7

1995年以降の長短金利差と株価(【S&P500】を900で割ったもの)の推移グラフです。

2019年7月末は前月末に比べて

・長短金利差⇒縮小

・株価⇒上昇

し、両者のグラフ上の差は拡大。

このグラフでは、タイムラグはありますが、長期のトレンドとして概ね

●株価上昇期⇔金利差縮小トレンド

●株価下落期⇔金利差拡大トレンド

が確認できます。

また、この時期のデータに限れば、どちらかといえば

●金利差が大きい時期⇒株式は比較的割安

●金利差が小さい時期⇒株式は比較的割高

ともいえそうです。

f:id:yukimatu-tousi:20181118164638p:plain

※長い目でみた一つの傾向、経験則

FRB利上げ、利下げ予測

Countdown to FOMC: CME FedWatch Tool

上記サイトによれば

2019年12月までに現在「2.00-2.25%」のFF金利は

・「1.50-1.75%」(現行より-0.50%)

・「1.25-1.50%」(現行より-0.75%)

になる可能性が高いとの観測。

f:id:yukimatu-tousi:20190815113751p:plain

※2019.8.15時点

現行より0.25%の利下げは既定路線、どの程度利下げ幅が大きくなるかが関心の的に。

あと4ヶ月ほどの間に「0.50%~0.75%」の利下げ幅予測が大勢。

あとがき

f:id:yukimatu-tousi:20190815114449p:plain

※出所:10-Year Treasury Constant Maturity Minus 2-Year Treasury Constant Maturity | FRED | St. Louis Fedより作成

長期の長短金利差「10Y-2Y」のグラフ。

「10Y-3M(3ヶ月物)」の長短金利差は2019.3月以降確認されていますが、約5ヶ月後、「10Y-2Y」も一時逆イールドに。

1989年以降では概ね4つの時期に確認されています。

・1989~1990年に確認⇒1990年に景気後退

・1998年に確認⇒景気後退せず

・2000年に確認⇒2001年に景気後退

・2006~2007年に確認⇒2008年に景気後退

直近4回のうち3回は景気後退しており、債券市場の見立てというのは、それなりに当たりやすいのかもしれませんし、「今回は違う?」かもしれません。

誰にも確実なことは分からないと思うので、個人的には右往左往せず予断を持ちすぎず、引き続き無理しないポジション(控えめのロングショート、長期投資のポジションは引き続き現金)。

今回はどうなりますか。こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly