ユキマツの「長期投資のタイミング」

比較検討により、長期投資における「比較的よさそうなタイミング」と「比較的有望な投資対象」を探るサイト

米国バフェット指標

世界全体のバフェット指標、日本のバフェット指標についてはすでに記事にしています。

では、米国のバフェット指標はどうなのか、みてみましょう。

 米国のバフェット指標を知るメリット、その強み

●長期的観点から、米国株の割安割高を判断する材料の一つになると思われます

●割安に買って、割高に売る長期投資が成功しやすくなるかもしれません 

「バフェット指標」とは?

 まず、バフェット指標の一般的な説明を引用します。

バフェット指標は、投資の神様とも言われる、ウォーレン・バフェット氏が愛用しているとされる、ある国のGDPと上場株式の時価総額の総和を比べる指標をいいます。これは、ある国の株式時価総額増加率と名目GDP成長率は長期的には収斂するとの主張に基づくもので、ある国の株式相場に急落の可能性は高まっていないか、あるいは逆に売り込まれすぎていないかを見る場合に使われます。

※引用元:金融情報サイト「バフェット指標」

具体的には

◎バフェット指標=ある国の時価総額÷名目GDP

です。ここでの時価総額は市場規模をさします。

名目GDPは経済規模のことでもあるので、

◎バフェット指標=市場規模÷経済規模

です。

※時価総額の説明→【世界時価総額】で株式の割安割高を探る【ダイジェスト版】

※GDPの説明→金融情報サイト「GDP」

米国バフェット指標とは

◎バフェット指標=ある国の時価総額÷名目GDP

なので、

米国のバフェット指標=米国の時価総額の合計額÷米国の名目GDP

です。

米国のバフェット指標のことを、当ブログでは米国バフェット指標と呼びます。

また、本ブログの「米国の時価総額」はニューヨーク証券取引所とナスダックの時価総額の合計額で計算しています。

経済規模と市場規模の関係(GDPと時価総額の関係)

一般的に名目GDP成長率と株式時価総額増加率は長期的には正比例する傾向があります。実際、1995年末と2015年末を比較すると、20年間で世界全体の市場規模(時価総額)は約3.9倍、経済規模(名目GDP)は約2.4倍になっています。※出所:以下サイトデータより管理者作成 ◎名目GDP→IMF ◎世界時価総額→WFE 

 一般的に、一国の経済規模と市場規模の間には長期的には、以下のような関係があるからだと思われます。

●経済規模↑⇒企業利益↑⇒株価↑⇒市場規模↑
●経済規模↓⇒企業利益↓⇒株価↓⇒市場規模↓

※市場規模=時価総額=株価×株数です

国でなく、世界全体で考えても同様に、世界の経済規模が大きくなれば、長期的には世界の株式市場規模も大きくなる傾向がある、逆も然り、といえるでしょう。

●世界の経済規模⇔世界の市場規模
●世界経済の成長⇔世界市場の拡大

f:id:yukimatu-tousi:20170608114601j:plain

バフェット指標の使い方

◎バフェット指標=時価総額÷名目GDP
◎バフェット指標=市場規模÷経済規模

なので、

◎バフェット指標が大きくなる→市場規模が経済規模に比べて大きくなる
◎バフェット指標が小さくなる→市場規模が経済規模に比べて小さくなる

ことを意味します。そして、経済規模と市場規模は長期的には概ね連動しているという前提で、バフェット指標が長期的な平均値より

◎大きい→市場規模が大きすぎる→株式は割高(の可能性)
◎小さい→市場規模が小さすぎる→株式は割安(の可能性)

と解釈します。これがわたしの考える基本的なバフェット指標の使い方であり、これは米国バフェット指標に関してもそのまま使えると考えています。

米国バフェット指標の推移とデータ

日本や世界の時価総額に関しては、月ごとのデータを入手できたのですが、米国に関しては、2003年以前の月ごとのデータが入手できませんでした。

よって、かなり雑なデータになりますが、1995~2016年の各年末の時価総額のデータと名目GDPで米国バフェット指標を算出し、グラフ化しました。f:id:yukimatu-tousi:20170607222329p:plain ※出所:グローバルノートのデータより管理者作成

2008年、2002年、2011年の年末に大きな底があり、1999年、2006~2007年、2014年の年末に大きな山ができているのが観察できます。

2008年末:リーマンショック後
2002年末:ITバブル崩壊後
2011年末:欧州債務危機
1999年末:ITバブル
2006、7年末:サブプライムバブル
2014年末:量的緩和バブル?

また、この期間の

★平均値:1.23
★中央値:1.31

です。

スポンサーリンク

米国バフェット指標の使い方

f:id:yukimatu-tousi:20170607223352p:plain※出所:グローバルノートのデータより管理者作成

 ①長期平均とのかい離を見る

ざっくりした大まかな使い方として、長期平均1.23より

★大きい⇒株式は割高傾向?
★小さい⇒株式は割安傾向?

という見立ては可能かもしれません

②1.05以下は割安圏?1.40以上は割高圏?

あくまで近年の事例に基づいた経験則ですが、米国バフェット指標が

★1.05以下は株式は割安圏?
★1.40以上は株式は割高圏?

という判断もありだとわたしは思います。 

S&P500と米国バフェット指標

f:id:yukimatu-tousi:20170607223352p:plainf:id:yukimatu-tousi:20170607231041p:plain※出所:◎グローバルノートYahoo Financeのデータより管理者作成

上記グラフは、1995年末~2016年末の米国バフェット指標とS&P500の推移です。米国バフェット指標で割高圏のサインが出ている時期のS&Pは赤四角、割安圏のサインは青四角で囲っています。

バフェット指標は年末データのみなので、かなり雑で申し訳ないですが、それでもそこそこの、いいサインになっているように見えますが、いかかでしょうか。

少なくとも全く何も考えずに長期投資を始めるよりは、こういった目安を参考にした方が、長期的な収益の面で有利なのではないかとわたしは考えています。

2017年の米国バフェット指標と現状判断

2017.1 1.43

2017.2 1.48

2017.3 1.47

2017.4 1.48

 ※データ出所:WFE

2017年は割高圏の目安、1.40を超えて推移しています。

「1.48」は近年では1999年と2014年の年末の数値に並ぶ、最高水準にあります。

端的にいえばITバブル並のバブルが疑われる数値です。

よって、この指標のみで判断すると、長期投資のタイミングとしては

◎株式の配分比率を減らす

◎現金の配分比率を増やす

◎長期投資を一時やめる

 のに適す時期だとわたしは考えます。

※長期投資に関する一つの判断です。短期、中期的な投資には役立たない可能性が高いです

※バリュー投資の発想から「割高な時期に株を売り、割安な時期に株を買う」という判断に基づいています

※個人の感想です。投資は自己判断、自己責任で

おわりに     

①米国の時価総額は、2003年以降のものであれば毎月確認できます。

よって、米国バフェット指標も2003年以降の分は毎月確認できます。

今後、継続的にご報告する予定です。

②長期的にみて、今、株式は割安か割高か?

この問いに対して、一つの指標だけで安直に判断するのは危険であり、複数の指標で総合的に判断することが大切とわたしは考えています。

以下の指標もよければ参照ください。

恐怖指数<米国市場。S&P500の変動性>

世界バフェット指標<全世界の時価総額÷名目GDP>

マージンデット<米国市場。米国投資家の株の売買のための借金額>

米国社債スプレッド<米国市場。クレジットスプレッド>

ジャンク債スプレッド<米国市場。クレジットスプレッド>

ISM製造業景気指数<米国市場。景気動向>

 

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】