ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

10年で「1200兆円」増加 ~FRB、ECB、日銀の資産動向の確認<2017年12月データ>~

f:id:yukimatu-tousi:20180118200256p:plain2017年12月末のFRB、ECB、日銀、3つの中央銀行の資産動向を確認する記事です。

※本記事では便宜的に1ドル=110円、1ユーロ=130円で円換算しています


スポンサーリンク


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

中央銀行の動向を確認するメリット

中央銀行の動向は

投資タイミングの時期を判断する一つの手掛かりになり得る

とわたしは思います。

一般論として、金利が下がると

◎経済活動が活発になり景気に好影響

⇒企業利益の増加⇒株高

 

◎企業の借入金の金利負担は減少

⇒企業利益の増加⇒株高

 

◎債券利回り低下

⇒投資先としての債券の魅力DOWN

⇒債券以外の投資先(株、不動産など)の相対的な魅力UP

株高

などの要因で株高になりやすいと思われます。

つまり、

・中央銀行が緩和政策をとり、市中の国債などを購入し(国債価格は上昇、金利は下がる傾向)、

・対価として債券保有者にマネーを供給し、中央銀行の資産規模が増大することは

・基本的に株価に好影響を与える、

その逆も然りだと考えられます。

※中央銀行の資産規模が

◎増加⇒株価に好影響

◎減少⇒株価に悪影響

以上のことから、ECB、FRB、日銀などの中央銀行の資産規模やその動向を確認しておくことは、長期的視点から、投資環境を考える上で役立つかもしれません。

◎中央銀行の資産規模が大幅に増える見通し

≒緩和マネーが大幅に増える

⇒金利低下傾向?

⇒将来の株高?

⇒株式などのリスク資産の配分を増やすのに適す時期?

 

◎中央銀行の資産規模が大幅に減る見通し

≒緩和マネーが大幅に減る

⇒金利上昇傾向?

⇒将来の株安?

⇒株式などのリスク資産の配分を減らすのに適す時期?

※数ある要因の中の一つの判断材料、目安です

FRBの動向

f:id:yukimatu-tousi:20180118200439p:plain

※出所:All Federal Reserve Banks: Total Assets | FRED | St. Louis Fed

上記グラフはここ5年のFRBの資産推移です。

2014年の後半から、ほぼ変化なし、2017年10月より資産縮小スタート。

2017年12月末:4.45兆ドル(約490兆円)でした。

予想外でしたが、11月末から1ヶ月で約1兆円増加しています。

f:id:yukimatu-tousi:20180118200726p:plain

※出所:All Federal Reserve Banks: Total Assets | FRED | St. Louis Fedのデータより管理者作成

先月の時点では、2017年は

5~10兆円程度の減少

を予測していたのですが、外れました。

2017年は結局4.45兆ドルで変化なしの年になりました。

今後少しずつ縮小ペースをはやめるようです。

ECBの動向

f:id:yukimatu-tousi:20180118201051p:plain

※出所:Central Bank Assets for Euro Area (11-19 Countries) | FRED | St. Louis Fed

上記グラフはここ5年のECBの資産推移です。2015年頃から激増しています。

ECBの資産は2017年12月末:4.47兆ユーロ(約581兆円)でした。

11月末から1ヶ月で約4兆円増加しています。

f:id:yukimatu-tousi:20180118201430p:plain

※出所:Central Bank Assets for Euro Area (11-19 Countries) | FRED | St. Louis Fedのデータより管理者作成

ECB資産の2017年の増加額は「105兆円」程度になりました。

2016年の「116兆円」に次ぐ、大きな増加額でした。

2018年1月より、ECBの債券買い入れの規模を現行の

●月額600億ユーロ⇒300億ユーロ(約4兆円)

に半減するとのアナウンスがあり、2018年のECBの資産増加額は大幅に減少しそうです。

日銀の動向

f:id:yukimatu-tousi:20180118202016p:plain

※出所:Bank of Japan: Total Assets for Japan | FRED | St. Louis Fed

上記グラフはここ5年の日銀の資産推移です。2013年頃から増え続けています。

日銀の資産は2017年12月末:約521兆円でした。

11月末から1ヶ月で約1兆円減少しています。

FRBが減らなかったのも意外でしたが、日銀が増えなかったのも意外でした。

f:id:yukimatu-tousi:20180118203408p:plain

※出所:Bank of Japan: Total Assets for Japan | FRED | St. Louis Fedのデータより管理者作成

2017年は約45兆円増加。

2013年以降

66 76 83 93

ときて、

45

と年間の日銀資産増加額は2017年、一気に減りました。

年初より日銀の動向がニュースにもなっていますが、実質的にこのデータ的には、2017年ですでに

”アベノミクス期”っぽくない

日銀の動きにはなっています。

2018年はどうなるでしょうか。

※2016年末のデータを「477」⇒「476」修正しています。四捨五入の関係で間違えていました

3つの中央銀行、トータルでの変動

f:id:yukimatu-tousi:20180118221746p:plain

※出所:Bank of JapanCentral Bank Assets for Euro Area Total Assets | FRED | のデータより管理者作成

※期間:2006年末~2017年末

上記グラフは2006年末以降の3つの中央銀行トータルの資産推移です。

2007年末は約400兆円だったのが、10年後、2017年末でざっと1600兆円に。

1200兆円ほど増えています。現在のカネ余りの原因の一つと推測。

 

3つの中銀のトータル資産は2017年12月末:約1592兆円でした。

11月末から1ヶ月で約5兆円増加しています。

・FRB:+1兆円

・ECB:+4兆円

・日銀:-1兆円

※為替レートや四捨五入で誤差あり

f:id:yukimatu-tousi:20180118220326p:plain

※出所:Bank of JapanCentral Bank Assets for Euro Area Total Assets | FRED | のデータより管理者作成

2017年年間では3行トータルで150兆円ほどの増加ペースでした。

今年は2014年~2017年規模の量的緩和は期待できなさそうな見込み。

推測の根拠↓

株式市場と【FRB、ECB、日銀、3つの中央銀行の資産動向】 - ユキマツの「長期投資のタイミング」

おわりに

ECBの2018年利上げ観測が再燃-12月までの確率74%を市場織り込む - Bloomberg

ECBが2018年中に利上げを始めるかもしれない、そんなニュースも出てきています。

資産規模の数字を追いつつ、金融引き締めがらみのニュースも気にしていきたいと思います。

中央銀行の関連記事です

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly