ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

ネット系の方がダメージは少ないか

f:id:yukimatu-tousi:20190703173916p:plain

全世界の時価総額が最も大きかった2018年1月が直近ピークであったと仮定して、2019年6月末までの世界の主要な株価の変化を確認してみます。

世界の主要株価指数 <2018年1月ピーク値⇒2019年6月末の下落率>

f:id:yukimatu-tousi:20190703202126p:plain

※出所:世界メジャー株式指数 - Investing.com 日本https://finance.yahoo.com/のデータより作成 ※以下の表、グラフも同様

世界の主要株価指数の「2018年1月ピーク値⇒2019年6月末の下落率」の比較です(現地通貨建て。「VT」「TOK」「VWO」はドル建て)。

データはこちら。

f:id:yukimatu-tousi:20190703202147p:plain


スポンサーリンク



★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  

所感①:引き続き「TOPIX、中国、新興国」の下落幅が大きい

f:id:yukimatu-tousi:20190703202255p:plain

6月は総じて株価は上昇していますが、TOPIX、上海総合、香港、VWOなどの下落率はまだ大きい状態。

所感②:米国株は比較的堅調

f:id:yukimatu-tousi:20190703202425p:plain

米国の株価指数は相対的に強くダウ以外はプラス圏。

米国への配分比率が高い「TOK」の下落率も小さめ。

とりあえず2018.2月以降に関して株価指数連動の投資を行うなら、米国や先進国、全世界などが無難だった、という状況。

おわりに

好奇心で主要証券会社の2018.1月末⇒2019.6月末の値動きを調べてみました。

・野村証券:-46%

・大和証券:-40%

・松井証券:-2%

・マネックス証券:-6%

・東京東海証券:-60%

・岡三証券:-47%

※TOPIX:-16% ※概算値

しっかり調べたことはありませんが、ピークからTOPIXが15%以上下落している状況では証券会社の利益は増えにくいのかも。

株高だった2018.9月末と2018.1月末の値動きをみてもTOPIXの成績を上回っていたのは上記の中で

「松井証券」「マネックス証券」のみ。

ネット系の方が総じてダメージは少ないか。

世界的な景気減速期の空売り候補として「複数の(ネット系以外の)証券株」という発想も面白そうな感じ。

景気判断を誤ると大けがしそうですが。

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly