ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

高くて買いにくい好景気の米国市場を買うならば・・・ ~米国市場の概況~

f:id:yukimatu-tousi:20180901135219p:plain

先週の米国市場を

「米国株式の割安割高を判断する目安」

になると思われる指標などで概観してみます。

ごく簡単な米国市場の概観

<先週のS&P500>

f:id:yukimatu-tousi:20180901135253p:plain

※出所:米S&P 500インデックス(SPX - Investing.com

8.31は「2902」。前週比+0.9

7月末は「2816」なので、8月月間で+3.1%

2018年4月以降5カ月連続のプラス、2018年3月末比で+9.9%。

高値は2018年8月の「2917」。

<先週の米国10年国債利回り>

f:id:yukimatu-tousi:20180901135322p:plain

※出所:米国 10年 | 米国 10年 債券利回り

8.31は「2.86%」。一瞬3%に届きそうになりましたが、引き続き2.8%台で推移。

昨年末は「2.41%」。

定点観測

以下の4つで定点観測してみます。

恐怖指数<米国市場。S&P500の変動性>

ジャンク債スプレッド<米国市場。クレジットスプレッドの一つ>

S&P500のPBR<米国の代表的な株価指数のPBR>

米国バフェット指標 <米国の時価総額÷米国の名目GDP>

恐怖指数

<ここ半年>

f:id:yukimatu-tousi:20180901135846p:plain

<今週>

f:id:yukimatu-tousi:20180901135946p:plain

※出所:S&P 500 VIXインデックス

2018.8.31は「12.86」。前週の「11.99」より上昇していますが落ち着いた水準。

長期平均(「19.4」)より大幅に低く、米国の市場心理は

安心?

と推測。

5月以降、長期平均に1度も届かない状態。

目安の「30」以下であり、割安な状況ではなさそうです。

<恐怖指数について詳しくはコチラ↓>

www.yukimatu-value.com
スポンサーリンク


 
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

ジャンク債スプレッド

ジャンク債スプレッドとは

①ジャンク債スプレッド

米国のハイ・イールド債の利回り-米国債(10年物)の利回り

②ジャンク債スプレッドが大きい⇒株式は割安傾向

③ジャンク債スプレッドが小さい⇒株式は割高傾向

④★平均値(幾何平均):3.0

 ★中央値:3.0

<期間:1996.12月~2018.7月の月末>

推移グラフと現在の状況判断

f:id:yukimatu-tousi:20180714163754p:plain

※出所:◎St. Louis Fed米国 10年 債券利回りのデータより管理者作成 ※期間:1996.12月末~2018.6月末

2018.8.30時点のジャンク債スプレッドは「2.2」で、前週の「2.2」と変わらず。

※ジャンク債利回り「5.04%」、米国債(10年物)の利回り「2.86%」

最近このスプレッドは動きが乏しいです。

長期平均は「3.0」であり、単なる近年の経験則ですが、この指標からは株式は

「やや割高傾向?」

と推測。

<ジャンク債スプレッドについて詳しくはコチラ↓>

www.yukimatu-value.com

S&P500のPBR

f:id:yukimatu-tousi:20180901140301p:plain

※出所:S&P 500 Price to Book Value

1999年末~直近のS&P500のPBRの推移です。

2018.8.31時点の推計値は「3.48」。前週の「3.45」から上昇。

ITバブルの頃のピーク(5.06)にははるかに及びませんが、サブプライムバブルの頃のピーク(2.91)との差が大きくなってきています。

長期平均の「2.78」は上回っており、現在は少なくとも

割安な水準ではなさそう

です。

f:id:yukimatu-tousi:20180901140338p:plain

※出所:S&P 500 Price to Book Value

<S&P500のPBRについて詳しくはコチラ↓>

www.yukimatu-value.com

米国バフェット指標

米国バフェット指標とは

①米国バフェット指標=米国の時価総額÷米国の名目GDP

②米国株式の割安割高を判断する目安

③1995~2017年の各年末のデータから、

★平均値:1.25

★中央値:1.32

④近年の経験則の域を出ませんが

★1.05以下は株式は割安圏?

★1.40以上は株式は割高圏? と推測
⑤米国の時価総額=NYSE+Nasdaqで計算

推移グラフと現在の状況判断

f:id:yukimatu-tousi:20180117123619p:plain※出所:グローバルノートWFEのデータより管理者作成 ※期間:1995年末~2017年末 

米国の時価総額は2018年7月末で約「35.2兆ドル」(6月末は「34.2兆ドル」。浮動株調整行わず)。

2018年7月末の米国バフェット指標は「1.72」(6月末は「1.68」)。

現在、割高圏の目安「1.4」を上回っていると推測され、現在の米国株式は

割高圏?

と推測。

f:id:yukimatu-tousi:20180819220127p:plain

※データ出所:WFE世界経済のネタ帳のデータより管理者作成

※2018年米国名目GDP:20.41兆ドル(IMF推計)。2017年は19.39兆ドル

米国バフェット指標について詳しくはコチラ↓

www.yukimatu-value.com

現時点での米国市場の割高割安、4つの指標からの推測、まとめ

あくまで経験的な判断ですが、現時点で各指標が示唆する株式の割安、割高の判断をまとめます。

恐怖指数⇒割安ではなさそう

ジャンク債スプレッド⇒やや割高傾向?

S&P500のPBR⇒割安ではなさそう

 ★米国バフェット指標 ⇒割高圏?

総合的に判断すると、わたしは米国株式は「割高圏?」と推測します。

現時点での米国株の長期投資のタイミングとしては

①リスク資産の資産配分が大きくなりすぎていれば、所定の配分に戻す

②資産配分において、株式の配分比率を減らす

③資産配分において、現金の配分比率を増やす

④長期投資を一時やめる(投資をやめる機会を探している場合)

のに適す時期だと考えています。単なる経験則ですが。

※概ね10年以上を想定した長期投資に関する一つの判断です。短期、中期的な投資には役立たない可能性が高いです

※基本的にできるだけ「割高な時期に株を売り、割安な時期に株を買う」という判断に基づいています

※単なる個人の感想です。未来は誰にも予知できません。投資は自己判断、自己責任で  

ITバブル、サブプライムバブル、現在のデータ比較

※表のデータ出所 ・世界のバフェット指標:GLOBAL NOTEWorld Federation of Exchanges・OECD景気先行指数:OECD Data ・シラーPER:Shiller PE Ratio ・失業率:US Unemployment Rate ・実質経済成長率:BEA National Economic Accounts ・長短金利差:米国債・金利 - Bloomberg

f:id:yukimatu-tousi:20180901140637p:plain

●長短金利差が少し拡大

●実質経済成長率の修正値:2018.2Q「+2.9%」と好調。

あとがき

www3.nhk.or.jp

上記記事より引用。

インドはGDPの規模でことしフランスを抜いて世界6位となり、このまま順調に成長を続ければ近くイギリスを抜いて5位になる見通し

jp.reuters.com

上記記事より引用。

欧州委員会が30日発表した8月のユーロ圏景況感指数は111.6で、7月の112.1から低下した。昨年12月に115.2のピークを付けた後、8カ月連続で低下

米国やインドは好景気。欧州景気はさえない状況。

<インド、米国株価指数:ここ1年>

f:id:yukimatu-tousi:20180901221455p:plain

<ドイツ・フランスと米国の株価指数比較:ここ1年>

f:id:yukimatu-tousi:20180901221711p:plain

f:id:yukimatu-tousi:20180901221800p:plain※出所:マーケット|SBI証券

当たり前ですがある国の

●景気がいい⇒企業利益が上がりやすい⇒その国の株価は上がりやすい

●景気がさえない⇒企業利益が上がりにくい⇒その国の株価は上がりにくい

傾向はあると思います。

超短期の投資スパンでは役立ちませんが、それなりの期間投資をする上で、景気動向は羅針盤的な存在になる可能性があると思われます。

結果論ですが、2018年、

●景気拡大傾向の米国の株価指数⇒買い

●景気がパッとしない日本や欧州の株価指数⇒売り

というロングショートはうまい方法だったかも。

高くて買いにくいけど好景気な米国市場を買うたならば、景気のさえない日本や欧州を保険的に売っておく、という発想(もし大きな下げが来ても日本や欧州も大きく下げるだろうから、致命傷にはならない、だろう)。

特に欧州市場は景気がさえない中で中銀(ECB)の金融政策がやや引き締め的だったので、「売り建てる」という意味では日本より安心感(暴騰しなさそう、という意味で)があったかも。

わたしは日本の個別株がメインでこの分野はまだ不慣れ、実験的にしか行っていませんが、研究してみるのは面白いテーマとは思います。

※個人の感想です。いつ景気が反転するかわかりませんし、今後これまでのようにうまくいくかは不明です。不測の事態で損失を出すことも。投資は自己責任で

※「純粋な長期投資」という観点では「高くて買いにくい」と感じるものをわざわざ買う必要もない、と思います。上記はロングショート戦略の一つのアイデアです

関連記事

●4位のドイツとはまだ少し距離がありますね

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly