ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

長期投資に適しそうな国の選定作業

停滞国と成長国 1999→2017

一国の経済的豊かさを測る分かりやすい指標 として 一人当たりGDP があります。

40年で7歳としをとる国、20歳としをとる国 <年齢中央値:その2>

【長期投資に適しそうな国の選定作業】シリーズとして、「年齢中央値」に着目し、投資対象国の「高齢化、人口動態」を考えてみる記事の2回目です。 <1回目はこちら> ★かたや46歳、かたや24歳 <年齢中央値:その1>

かたや46歳、かたや24歳 <年齢中央値:その1>

※米国市場の概況は5/21に記事にする予定です 【長期投資に適しそうな国の選定作業】シリーズとして、「年齢中央値」に着目し、投資対象国の「高齢化、人口動態」を考えてみます。

「人口」と「生産年齢人口」の未来 【新興国編】

<長期投資に適しそうな国の選定作業>シリーズでとりあげた新興国の人口に関する記事です。

「人口」と「生産年齢人口」の未来 【先進国編】

<長期投資に適しそうな国の選定作業>シリーズでとりあげた先進国の人口に関する記事です。

ロシアへの投資

ロシアのメモ ※すべて2016年のデータ

「長期投資に適しそうな国の選定作業」㉑ ~マレーシア・経済成長編~

「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの21回目です。 今回はアセアンの一角、マレーシアです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑳ ~ブラジル・経済成長編~

「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの20回目です。 今回はブリックスの一角、ブラジルです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑲ ~南アフリカ・経済成長編~

「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの19回目です。 今回は初のアフリカ大陸、南アフリカです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑱ ~メキシコ・経済成長編~

「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの18回目です。 今回は米国のおとなり、メキシコです。

株価絶好調! 「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑰ ~ベトナム・経済成長編~

「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの17回目です。 今回は株式市場が大盛況のベトナムです。

全世界の3.18% 「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑯ ~カナダ・経済成長編~

「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの16回目です。 今回は先進国、資源国、カナダです。

全世界の2.63% 「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑮ ~スイス・経済成長編~

「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの15回目は先進国、お金持ちの国のイメージ、スイスです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑭ ~台湾・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの14回目は台湾です。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑬ ~韓国・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの13回目はお隣の国、韓国です。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑫ ~タイ・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの12回目はアセアンの一角、タイです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑪ ~フィリピン・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの11回目はアセアンの一角、フィリピンです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑩~フランス・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの10回目はドイツと並ぶEUの中心、フランスです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑨ ~インドネシア・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの9回目はアセアンの中心国、インドネシアです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑧ ~ドイツ・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの8回目はヨーロッパの経済・技術大国ドイツです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑦ ~インド・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの7回目は名目GDP世界第7位の国(2016年)、インドです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑥~中国・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの6回目は世界第2位の経済大国となった中国です。

実は有望な投資対象国?「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑤~オーストラリア・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの5回目は資源大国オーストラリアです。

かつての覇権国はどうか?「長期投資に適しそうな国の選定作業」④~イギリス・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの4回目は米国の前の覇権国、イギリスです。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」③~日本・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの3回目、われらが日本です。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」②~米国・経済成長編~

長期投資に適する国は事前に分かるものなのか? そんなことは考えない方が身のためか? 昨日に続いて「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの2回目です。 本日取り上げるのは世界経済、金融の中心、米国です。

「長期投資に適しそうな国の選定作業」①~全世界・経済成長編~

どんと構えてゆっくり世界の経済成長に待っていればよいのか? 長期投資にとりわけ適する国はあるのか? あったとして、それは事前に予測できることなのか? 長期投資派、インデックス派は誰しも関心を持ったことのあるテーマかもしれません。 そこで、「長…

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly