ユキマツの「長期投資のタイミング」

投資歴16年目。 「景気(企業利益動向)」「中銀の金融政策(金利動向)」「投資家のリスク許容度」などから長期投資のタイミングを探る投資ブログ

そろそろ荒れ出すのか ~日本市場の概況~

f:id:yukimatu-tousi:20200722220415j:plain

今週の日本の株価や金利をごく簡単に確認し、その後、株式の「割安割高の目安」になりそうな5つの指標で定点観測する記事。

スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日経平均

f:id:yukimatu-tousi:20200722220530p:plain※出所:マーケット|SBI証券

7.22は「22752」で前週比「+0.2%」。

6月末は「22288」で7月月間では「+2.1」。

日経平均の直近の高値は2018年10月の「24448」で今は高値から「−6.9%」の水準。

日本10年債利回り

f:id:yukimatu-tousi:20200722220731p:plain

※出所:日本 10年 | 日本 10年 債券利回りより作成

7.22は約「0.01%」(前週末は「0.01%」)で前週と変わらず。

0%付近。

ドル/円

f:id:yukimatu-tousi:20200724201536p:plain

※出所:USD JPY | アメリカドル 日本円 相場情報 - Investing.com

7.22は1ドル「107.2」円。前週末は「107.0」円で22日時点ではやや円安。

その後円高に。

2019年は「1ドル=104.97112.41円」のレンジ。

今年も概ねレンジ内。

米ドル指数は前週「96.0」程度。

今週は低下。

ドル安傾向が顕著。

<米ドル指数:ここ1週間>

f:id:yukimatu-tousi:20200724201709p:plain

※出所:米ドル指数先物 - Investing.com 日本

5つの指標

日本バフェット指標 <日本の時価総額÷日本の名目GDP>

信用買い残 <信用取引における買い方の残高>

東証一部PBR <東証一部上場企業全体の株価純資産倍率>

信用評価損益率 <日本市場。信用買いの損益>

日経平均ボラティリティー・インデックス<日経平均版の恐怖指数>

日本バフェット指標

f:id:yukimatu-tousi:20200530171850p:plain
※出所:以下サイトデータより管理者作成 日本取引所グループ 世界経済のネタ帳 ※期間:1985年1月末~2020年5
月末

7.22の日本バフェット指標は「1.09」で前週の「1.09」と変わらず。

直近の10年移動平均は「0.88」であり、今は平均より高い水準。

一つの目安に過ぎませんが、長期的観点からは

日本株はやや割高?

と推測。

直近の月末値ピークは2018年1月の「1.29」(このときは10年移動平均から「66.6%」上方かい離)。

7.22の日本の時価総額は約「616.5兆円」(全市場の合計値)。

確認できている範囲では、2018.1.23の736.8兆円が現時点での最大値。

現在は最大値を16.3%下回っています。

f:id:yukimatu-tousi:20200722220930p:plain

※出所:日本取引所グループ 世界経済のネタ帳 より作成

日本バフェット指標について詳しくはコチラ↓

日本バフェット指標 <日本の時価総額÷日本の名目GDP>

信用買い残

f:id:yukimatu-tousi:20200405172815p:plain
※出所:トレーダーズ・ウェブより管理者作成 ※期間2001年6月1日~2020年3
月27

2020.7.17 22246億円(約2.2兆円)。

前週比-501億円。

直近ピークは2018.3.23の約3.7兆円。

水準としては長期平均の「2.4兆円」をやや下回り、この指標からは

やや割安?

と推測。

2020年1月末は約2.5兆円。

2020年2~3月に約1.8兆円まで大幅減少。

その後7月に約2.2兆円まで回復。

<2017.12.29以降の推移・月末の概算値と直近数値など>

f:id:yukimatu-tousi:20200722221206p:plain

※出所:トレーダーズ・ウェブのデータより管理者作成

信用買い残について詳しくはコチラ↓

信用買い残 <信用取引における買い方の残高>

東証一部PBR 

f:id:yukimatu-tousi:20200606170553p:plain

※出所:その他統計資料 | 日本取引所グループのデータより管理者作成 ※グラフの期間:1999年12月末~2020年5月末

2020年6月末の東証一部PBRは「1.1」倍(前月比±0)。

2~4月は「1.0」倍、5月、6月は「1.1」倍。

直近ピークは2018年1月末の「1.5」。

長期平均は「1.1」で水準としては

ふつう?

と推測。

東証一部PBRについて詳しくはコチラ↓

東証一部PBR <東証一部上場企業全体の株価純資産倍率>

信用評価損益率

f:id:yukimatu-tousi:20200613160707p:plain

※単位:% ※出所:トレーダーズ・ウェブのデータより管理者作成 ※グラフ期間:2001.6.1~2020.6.5

7.17は「-18.14」。

前週の「-18.71」からマイナス幅がやや縮小。

上記期間の長期平均は約「-11」であり投資家心理は

やや不安?

と推測。

信用評価損益率について詳しくはコチラ↓

信用評価損益率 <日本市場。信用買い残高の損益>

日経平均ボラティリティー・インデックス

★日経平均ボラティリティー・インデックスのメモ

2000年11月からの

・長期平均:24.9

・長期中央値:23.4

・最低値:11.82(2017.7月)

・最大値:91.45(2008年10月)

・個人的には30以上で「株価の割安圏」を示唆しやすい指標と考えます。

<ここ2年のチャート:日経平均を併記>

f:id:yukimatu-tousi:20200724202115p:plain

※出所:恐怖指数(VIX 日経VI VSTOXX) 日経平均比較チャートより作成

7.22は「20.98」。前週の「22.62」より低下。

日経平均VIの長期中央値は「23.4」であり、投資家心理は

ふつう~やや安心?

と推測。

その時期、そのきっかけは不明ですが、そろそろ荒れ出すのか。

※参考:最近のリスクオフ局面の最大値(概算値)。

2018.2月:38

2018.10月:31

2018.12月:33

2019.5月:25

2019.8月:26

2020.3月:61

恐怖指数について詳しくはコチラ↓

www.yukimatu-value.com

現時点での日本市場の割高割安、5つの指標からの推測、まとめ

あくまで個人的な判断ですが、現時点で各指標が示唆する株式の割安、割高の判断をまとめます。

★日本バフェット指標⇒やや割高?

★信用買い残⇒やや割安?

★東証一部PBR⇒ふつう?

★信用評価損益率⇒割安ではない?

★日経平均ボラティリティー・インデックス⇒割安ではない?

上記から日本株式の水準は

「ふつう~やや割高?」

と推測。

また

★日銀の金融政策:緩和的(ポジティブ要因?)

★日本の景気 :悪化傾向?(ネガティブ要因?)

と推測。

株価水準、金融政策、景気動向から考え、現時点で日本株の投資タイミングに関して「ふつう~ややネガティブ」。

リスク資産への配分を控えめにしたポートフォリオで、ちょこちょこリバランスしながら投資継続が無難か。

※個人の直感、感想です。未来は誰にも予知できません。投資は自己判断、自己責任で 

バブル期と「今」のデータ比較

※出所:日経平均、TOPIX⇒Yahoo!ファイナンス、東証REIT指数⇒SBI証券、貸し出し態度判断DI(中小企業)⇒主要時系列統計データ表

f:id:yukimatu-tousi:20200724202552p:plain

●日経平均VI:長期平均以下まで下がる

●TOPIX:2018年1月高値「1911」の「-17.7%」の水準。13年前より11%低い水準

日銀ETF買い

2018年は年間で約6.5兆円、2019年は約4.4兆円の買い出動。

下記サイトによれば今週は1回の出動で1002億円分購入。

今年トータルでは約5.2兆円購入。

※参照サイト:日銀ETF買い入れ結果https://nikkeiyosoku.com/boj_etf/

ドル建て日経平均

<ドル建て日経平均:ここ5年>

f:id:yukimatu-tousi:20200724202934p:plain

※出所:ドル建て日経平均 (日経平均 ドル換算)より作成 ※数値は概算値

2020.7.22のドル建て日経平均は「212.89」で前週より上昇。

コロナ前の直近ピークは約「219」。

コロナ後の上げ相場のピークは約「215」(2020.6.10)。

引き続き高そうなところで踏みとどまっている印象。

あとがき

www.bloomberg.co.jp

米国政府高官が名指しで中国指導者を厳しく批判するなど不穏な雰囲気。

配慮とかオブラート感が感じられず、露骨。

それでも単なるプロレス、ガス抜きなのか、徐々に事態はただ事ではない方向に向かっているのかは不明ですが、もしただ事でなければ3月以降約4ヶ月で膨張させている市場風船に穴が開いてダメージを負う可能性もあり、いつものように一応用心。

コロナ不況の影響もあり両国とも以前より余力、余裕は逓減してきている雰囲気。

日本株は米国株ほど割高っぽくないように感じますが、かといってもし米国株が大崩れしても日本株はさほど落ちない、という想定もやはりしっくりこず。

引き続きドル建て日経平均はここ5年でかなりの高水準で、投資の期待値はあまり高くなさそう。

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly