ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

全世界 株式の割安割高

19ヶ月続く世界景気の減速トレンド

最新の世界景気をCLIで観察してみます。

8月急落:「ISM製造業景況指数」「ミシガン大学消費者信頼感指数」

5月に節目の50を下回ったグローバル製造業PMIは8月は下げ止まり。最新の「製造業PMI」と「ISM製造業景気指数」から世界と米国の景気を観察してみます。

米国の景気減速感が強まる

「製造業PMI」の速報値から米国などの景気を観察。 ※PMIについて詳しくコチラ↓ ●中日独の景気動向 2017年11月データ - ユキマツの「長期投資のタイミング」

【2回目】18ヶ月続く世界景気の減速トレンド

最新の世界景気をCLIで観察してみます。

世界景気の減速傾向は続く

5月に節目の50を下回ったグローバル製造業PMIは6月、7月も続落。最新の「製造業PMI」と「ISM製造業景気指数」から世界と米国の景気を観察してみます。

【短信】米国製造業PMIは岐路に立つ

暑くなるとソバが食べたくなりますね。 「製造業PMI」の速報値などから米国の景気を観察。 ※PMIについて詳しくコチラ↓ ●中日独の景気動向 2017年11月データ - ユキマツの「長期投資のタイミング」

世界の時価総額は約84.6兆ドルで直近ピークから「-5.8%」の水準

世界の時価総額やバフェット指標から株式の割高割安を考える記事。

18ヶ月続く世界景気の減速トレンド

最新の世界景気をCLIで観察してみます。

2012年10月以来の低水準 世界景気減速を示唆

5月に節目の50を下回ったグローバル製造業PMIは6月も続落。最新の「製造業PMI」と「ISM製造業景気指数」から世界と米国の景気を観察してみます。

世界の時価総額は約81.3兆ドルで直近ピークから「-9.5%」の水準

世界の時価総額やバフェット指標から株式の割高割安を考える記事。

17ヶ月続く世界景気の減速トレンド

最新の世界景気をCLIで観察してみます。

世界の時価総額は約85.0兆ドルで直近ピークから「-5.3%」の水準

世界の時価総額やバフェット指標から株式の割高割安を考える記事。

節目の50を下回る、2016年以来

グローバル製造業PMIは節目の50を下回りました。最新の「製造業PMI」と「ISM製造業景気指数」から世界と米国の景気を観察してみます。

【短信】米国製造業PMIの数値が急落

「製造業PMI」の速報値などから米国の景気を観察。 ※PMIについて詳しくコチラ↓ ●中日独の景気動向 2017年11月データ - ユキマツの「長期投資のタイミング」

16ヶ月続く世界景気の減速トレンド

最新の世界景気をCLIで観察してみます。

グローバル製造業PMIは16ヶ月続く低下トレンド

最新の「製造業PMI」と「ISM製造業景気指数」から世界と米国の景気を観察してみます。

①大きな下げ相場の途中の回復か ②大きな上げ相場の序章か ③レンジ相場の途中か

世界の時価総額やバフェット指標から株式の割高割安を考える記事。

15ヶ月続く世界景気の減速トレンド

最新の世界景気をCLIで観察してみます。

中国のポジティブサプライズ

最新の「製造業PMI」と「ISM製造業景気指数」から世界と米国の景気を観察してみます。

際立った米中の動き

世界の時価総額やバフェット指標から株式の割高割安を考える記事。

14ヶ月続く世界景気の減速トレンド

最新の世界景気をCLIで観察してみます。

中国、日本、ドイツは景気減速モードか

最新の「製造業PMI」と「ISM製造業景気指数」から世界と米国の景気を観察してみます。

他人に花を手向けられるより、他人に花を持たせてなんぼ

世界の時価総額やバフェット指標から株式の割高割安を考える記事。 2019年1月末時点で、世界の時価総額は約80.1兆ドルでした。 前月の74.5兆ドルから大きく増加し前月比+7.5%。 2018年1月末のピーク「89.8兆ドル」から「-10.8%」の水準。

1年1ヶ月続く世界景気の減速トレンド

最新の世界景気をCLIで観察してみます。

また「米国独り勝ち」感?

最新の「製造業PMI」と「ISM製造業景気指数」から世界と米国の景気を観察してみます。

あれはバブルだったのか?

世界の時価総額やバフェット指標から株式の割高割安を考える記事。 2018年12月末時点で、世界の時価総額は約74.5兆ドルでした。 前月の79.7兆ドルから大きく減少し前月比−6.5%。 2018年1月末のピーク「89.8兆ドル」から「-17.0%」の水準。

1年続く世界景気の減速トレンド

最新の世界景気をCLIとPMIの観点から観察してみます。

3度あることは4度ある?

世界の時価総額やバフェット指標から株式の割高割安を考える記事。 2018年11月末時点で、世界の時価総額は約79.7兆ドルでした。 前月の78.8兆ドルから微増し前月比+1.1%。 2018年1月末のピーク「89.8兆ドル」から「-11.2%」の水準。

11ヶ月続く世界景気の減速トレンド

最新の世界景気をCLIとPMIの観点から観察してみます。

バフェット指標は役立つのか?

世界の時価総額やバフェット指標から株式の割高割安を考える記事。 2018年10月末、世界の時価総額は約78.7兆ドルでした。 前月の85.6兆ドルから大幅に減って前月比−8.1%。 2018年1月末のピーク「89.8兆ドル」から「-12.4%」の水準。

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly