ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

全世界 株式の割安割高

世界経済にやや停滞感 ~OECD景気先行指数 2017年5月~

世界景気にはやや停滞感がありそうです。

最新の世界的な景気動向<OECD景気先行指数、2017年4月>

少し遅くなってしまいましたが、世界の景気動向を示唆してくれる指標、 OECD景気先行指数(Composite leading indicator。以下CLI) の2017.4月時点のデータから世界的な景気動向を確認します。

世界の時価総額 過去最高

全世界の時価総額が過去最高を記録した模様です。 www.nikkei.com

全世界のバフェット指標【0.95】超え、いよいよ割高圏に突入か?2017.4月末「世界バフェット指標」の速報

世界的な株式の割安・割高を知る目安になる指標【世界バフェット指標】の最新データの(2017.4月末)の確認記事です。

最新の世界バフェット指標<2017.3月データ>

世界的な株式の割安・割高を知る目安になる指標 世界バフェット指標 の最新データの(2017.3月末)の確認記事です。 2017.2月末の世界バフェット指標は 0.94 でやや割高な水準でした。 2017.3月末のデータはどうなっているでしょうか。

最新の世界時価総額を確認する<2017.3月末>

最新の世界時価総額を確認します。

【世界時価総額】で株式の割安割高を探る<ダイジェスト版>

はてなブログに引っ越す前に書いていた、 《【世界時価総額】で株式の割安割高を探る》4回シリーズ のダイジェスト版です。 引っ越しにともなって、文字の乱れが多いため、リニューアルして掲載します。

最新の世界的な景気動向<OECD景気先行指数、2017年3月>

世界の景気動向を示唆してくれる指標、 OECD景気先行指数(Composite leading indicator。以下CLI) の2017.3月時点のデータが入手できました。 最新の世界的な景気動向を確認します。

最新の世界的な景気動向<OECD景気先行指数、2017年2月>

世界の景気動向を示唆してくれる指標、 OECD景気先行指数(Composite leading indicator。以下CLI) で2017.2月時点の景気動向と株式市場の未来を推測します。

株は景気の悪い時期に買う~OECD景気先行指数からのメッセージ~

(登山家への質問) なぜ山に登るのですか? —そこに山があるからさ (投資家への質問) なぜ今、株式を買うのですか? —今が不景気だからさ

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》【ダイジェスト版】

はてなブログに引っ越す前のブログ記事です。 移転にともなって、表記の乱れが多く、アクセスもいただいているので、一部編集して再掲します。

今、株式は売るべきか? 【世界バフェット指標】2017年2月末データで判断

今、株は売るべきか? 2017年2月末の世界バフェット指標をもとに一般的な仮説を述べます。

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》④

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》シリーズの4回目、最終回になります。 内容は 世界バフェット指標で株式の割安割高を判断する問題点 です。

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》③

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》シリーズの3回目です。 本日の内容は「世界バフェット指標の取り扱い説明書」です。 わたしが勝手に作った説明書なので、ご参考までに。

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》②

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》シリーズの2回目です。 ここで、少し寄り道をして、経済規模と市場規模の話に移ります。

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》①

《【世界バフェット指標】で株式の割安割高を探る》の初回記事です。 株式の割安割高を判断する指標はたくさんありますが、世界バフェット指標は、わたしが横綱級の信頼を置いている指標です。しかし、それほど周知されていないようです。

【世界時価総額】で株式の割安割高を探る③(4回シリーズ)

《【世界時価総額】で株式の割安割高を探る》シリーズの3回目です。 本日は、 世界時価総額とS&P500の値動きの推移 について記載します。

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ