ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

米国市場 株式の割安割高

米国景気は「絶好調」か「明確な下り坂」か

即時性の高い米国の景気指標として ECRI景気先行指数 があります。

8月以降、長短金利差は拡大傾向

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

米国リートはやや下落するも大崩れせず

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国上場ETF

<利払い費>は2回目の減少を始めたか

米国個人の利払い費から景気動向を推測する記事。

失業率はやや上昇するも低水準

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

過熱感をあまり感じないものの株価は高値を維持

米国投資家のリスク許容度を探る一材料になると思われる指標「マージンデット」の確認。

米国リート 最高値更新中 

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国上場ETF

ほぼ無料で景気後退「占い」

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

失業率低下トレンドは約10年、株価は約3倍

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

景気後退は今回も2回目のピーク後となるか

米国個人の利払い費から景気動向を推測する記事。

最近大いに「外している」見方 ~マージンデットの前年比は11ヶ月連続でマイナス~

米国投資家のリスク許容度を探る一材料になると思われる指標「マージンデット」の確認。

2019年4月以降の5ヶ月ほどで【3つ】も山を形成

即時性の高い米国の景気指標として ECRI景気先行指数 があります。

金利差「縮小」トレンドが急速に「拡大」トレンドに転換する時期はリスキーか

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

リスク許容度の水準は「ふつう~やや高め」か

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

今は「失業率の下げ止まり時期」か

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

金利低下の順風下なら「米国リート分配金再投資戦略」は有効?

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国上場ETF

「今回は違う」 ~マージンデットの前年比は10ヶ月連続でマイナス~

米国投資家のリスク許容度を探る一材料になると思われる指標「マージンデット」の確認。

4つめの山を描き終わった?

即時性の高い米国の景気指標として ECRI景気先行指数 があります。

8月はリスク許容度低下か

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

逆イールド発生 今回は?

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

米国リートは堅調 死角はあるか?

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国上場ETF

FRB利下げの評価

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

トランプ砲とオプション砲

先週は突然のトランプ砲。 中国からの輸入品への追加関税ツイートなどを発端にリスクオフ相場となっています。

6~7月はリスク許容度上昇か

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

できればこういう時期に大きなリスクをとりたい ~マージンデットの前年比は9ヶ月連続でマイナス~

米国投資家のリスク許容度を探る一材料になると思われる指標「マージンデット」の確認。

今回も長短金利差は米国景気の先行きを示唆する目安となる?

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

第4の山を形成中

即時性の高い米国の景気指標として ECRI景気先行指数 があります。

米国リートも最高値圏

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国上場ETF

景気後退には必ず失業率の上昇が伴っているという経験則

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

【短信】少し不安を感じる移動平均からのかい離率

S&P500の200日移動平均線からのかい離率の現状について簡単に。

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly