ユキマツの「長期投資のタイミング」

比較検討により、長期投資における「比較的よさそうなタイミング」と「比較的有望な投資対象」を探るサイト

米国市場 株式の割安割高

米国景気を探る  2017.11.8

米国景気動向を三つの指標【ISM製造業景気指数】【実質GDP】【OECD景気先行指数(CLI)】で確認してみます。 まず【ISM製造業景気指数】から。

米国景気を探る  2017.10.13

米国景気動向を二つの指標【ISM製造業景気指数】【実質GDP】【OECD景気先行指数(CLI)】で確認してみます。 まず【ISM製造業景気指数】から。

米国投資家の【楽観】

マイナーな指数ですが、米国には市場参加者の【楽観】度合いの目安となる指標があります。 ウェルズ・ファーゴ/ギャラップ投資家・退職者楽観指数 (Wells Fargo/Gallup Investor and Retirement Optimism Index) です。 その簡単な紹介記事です。

米国のマージンデット、史上最高額更新 ~「マージンデット指数」2017.8月データの確認~

米国株式市場の割安、割高を判断する材料になりそうな指標、「マージンデット」と「マージンデット指数」の最新データの確認記事です。

米国の時価総額、過去最高額 ~2017.8月の米国バフェット指標~

米国の8月末の時価総額データが確認できました。 WFEのサイトで早めに確認できるときと、なかなかできないときがあります。 8月は早めでした。 一週間前に記事にしたばかりなので、ごく簡単に記事にします。 2017.8月の米国時価総額と米国バフェット指標です…

米国の時価総額、30兆ドルに迫る ~2017.7月の米国バフェット指標~

米国の7月末の時価総額データがようやく確認できたので、2017.7月の米国時価総額と米国バフェット指標を取り上げます。

米国景気を探る~【ISM製造業景気指数】【米国実質GDP】~ 2017.9.7

米国景気動向を二つの指標【ISM製造業景気指数】と【実質GDP】で確認してみます。 【ISM製造業景気指数】は9月1日に、【米国実質GDP】は8月30日にデータが新しくなっています。 まず【ISM製造業景気指数】から。

マージンデット、史上最高額更新 ~「マージンデット指数」2017.7月データの確認~

米国株式市場の割安、割高を判断する材料になりそうな指標、「マージンデット」と「マージンデット指数」の最新データの確認記事です。

米国景気動向を二つの指標で 2017.8.22

米国景気動向を二つの指標【ISM製造業景気指数】と【実質GDP】で確認してみます。 まず【ISM製造業景気指数】から。

S&P500とマージンデットの動きに少し違和感~「マージンデット指数」2017.6月データの確認~

米国株式市場の割安、割高を判断する材料になる指標、「マージンデット」と「マージンデット指数」の最新データの確認記事です。

14年で12倍のリターン? ~米国投資、1993年以降の推移~

JPモルガンアセットマネジメントの資料で興味深いグラフを見つけました。

S&P500のPBRは「3.0」を超える水準<2017.7月>

米国の代表的な株価指数S&P500のPBRに関する記事です。

6月の米国景気動向を素早く確認!2017.6月【ISM製造業景気指数】

米国景気の一つの指標【ISM製造業景気指数】の最新データが発表されましたので取り上げてみます。

過熱感がわずかに減退?「マージンデット指数」2017.5月データの確認

米国株式市場の割安、割高を判断する材料になる指標、「マージンデット」と「マージンデット指数」の最新データの確認記事です。

米国の時価総額、29兆ドルを突破!~2017.5月の米国バフェット指標~

米国の5月末の時価総額データが分かったので、2017.5月の米国バフェット指標を取り上げます。 初めに結論部分を述べ、後は長々と過去記事と同様の米国バフェット指標の説明にあとがきが続きます。 結論だけ知りたい方は、初めだけご覧ください。

米国市場における過熱感の目安「マージンデット」2017.4月データの確認

米国株式市場の割安、割高を判断する材料になる指標、「マージンデット」と「マージンデット指数」の最新データの確認記事です。

米国バフェット指標

世界全体のバフェット指標、日本のバフェット指標についてはすでに記事にしています。 では、米国のバフェット指標はどうなのか、みてみましょう。

【ジャンク債スプレッド】で探る株式の割安、割高

知っている人にはいまさらな常識、知らない人は全く知らない指標の一つ、クレジットスプレッドとその具体例、ジャンク債スプレッドの紹介です。

【米国社債スプレッド】で探る株式の割安、割高

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。 米国社債スプレッドは ①「米国の社債(格付けBaa。中等度のリスク)」と「米国債(10年物)」の利回りの差を長期観察し ②投資家心理やリスク許容度を探り ③株式の割安割高の判断の目安…

恐怖指数(VIX)が最小値更新をうかがう

小ネタです。 アメリカの恐怖指数、VIXが1990.1.2以降の最小値更新をうかがっています。

米国市場の過熱感を探る指標 ~マージンデット~

米国株式市場の割安、割高を判断する材料になる指標「マージンデット」の紹介です。 マージンデットとは マージンデット(Margin Debt)は、米国の株式市場(ニューヨーク証券取引所)が公表しているデータです。 マージンデットは「証拠金債務」のことであ…

CAPEレシオは使えるか?

株価の割安、割高を測る指標の一つに、CAPEレシオがあります。 この指標は使えるのかどうか、検証してみました。

今、株式は割安か?最新の【恐怖指数(VIX)】で推測。17.4.27

最新の【恐怖指数(VIX)】で、現在の株式の割安割高水準を推測してみます。

動揺(高揚)する投資家心理を映す鏡「恐怖指数」

バリュー投資の視点から恐怖指数(volatility index, VIX)を考えます。

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】