ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

米国市場 株式の割安割高

株価と金利差の距離は離れるばかり <長短金利差:2018年8月末データ>

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

米国リートは割安か? 2018年9月

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国のETF

株高の中、8月の社債スプレッドは拡大

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

失業率のボトムは5月かどうか?

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

投資家のリスク許容度 2018年8月はやや低下?

2018年8月、米国投資家のリスク許容度はやや低下傾向か。

米国の時価総額やバフェット指標は最高値更新中

2018年7月末の米国の時価総額とバフェット指標についての記事です。

逆イールドにならなければ景気後退は訪れない? <長短金利差:2018年7月末データ>

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

米国リートは割安か? 2018年8月 

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国のETF

ここからどっち?

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

投資家のリスク許容度 2018年7月は上昇傾向

2018年7月、米国投資家のリスク許容度はやや上昇か?

米国リートは割安? 【IYR】【米10年債】の利回り差 2018.7 

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国のETF

米国の失業率は底打ちしたか?

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

長短金利差 縮小続くが・・・ <2018年6月末データ>

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

リスク許容度 2018年1月を境に低下傾向か

米国投資家のリスク許容度は2018年1月を境に低下してきている雰囲気。

米国リートは割安? 【IYR】【米10年債】の利回り差

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国のETF

歴史的な低失業率

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

米国 長短金利差 さらに縮小 <2018年5月末データ>

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

利回り上昇中 ~米国債長短金利差<2018年4月末データ>~

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

再び下落トレンドへ?

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

半年横這い、ここからどっちへ?

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

2007年以降で最低値 米国債 長短金利差 <2018年3月末データ>

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

【米国社債スプレッド】はボトムをつけたのか?

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

米国投資家は依然 楽観的?

マイナーな指数ですが、米国に 市場参加者の【楽観・悲観】度合いの目安 となる指標があります。

「米国失業率」と「投資スタンス」の一例

米国の景気動向を【米国の失業率】で観察し、一つの投資スタンスについて考えてみます。

世界の景気 ~OECD景気先行指数 2017年12月データ~

世界景気に関する記事です。

米国債 長短金利差 <2018年2月末データ>

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

過去最高値をキープ ~2018年1月の米国バフェット指標~

2018年1月末の米国のバフェット指標についての記事です。

米国失業率 4ヶ月4.1%で横ばい ~米国景気を探る  2018.2.14~

米国の景気動向を2つの指標 【失業率】 【ISM製造業景気指数】 で確認してみます。 まず【失業率】から。

米国景気とインフレ率   2018.1.25

米国景気動向とインフレ率を直近の 【実質GDP】 【OECD景気先行指数(CLI)】 【コアCPI】 で確認してみます。

もはや目安が目安にもならない? ~2017年の米国バフェット指標~

2017年の米国のバフェット指標についての記事です。

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly