ユキマツの「長期投資のタイミング」

世界景気は大きな減速トレンド(2000年以降で5回目?)の渦中にあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況と推測するサイト。

米国市場 株式の割安割高

第3の山は崩れるか

即時性の高い米国の景気指標として ECRI景気先行指数 という指数があります。

株価同様、4カ月続くリスク許容度の上昇

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

マージンデットは6ヶ月前年割れが続く

投資家のリスク許容度を探る一材料になると思われる指標「マージンデット」の確認。

2009年以降、結果を出している資産クラス

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国上場ETF

米国失業率は底抜けし、引き続き歴史的低水準

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

こちらも第3の山を形成中

即時性の高い米国の景気指標として ECRI景気先行指数 という指数があります。

楽観と悲観

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

損しなきゃ上出来

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

リートは”ミドルリスク・ミドルリターン” ?

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国上場ETF

未来が見通せるという「水晶玉」

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

【短信】米国GDP成長率、ピークアウトの可能性

米商務省が3.28に発表した10-12月期国内総生産(GDP)確定値は速報値から下方修正されました。 もしかしたらピークアウト?の可能性があり、簡単に記事にしてみます。

大きな変化

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

GDP成長率 1.5% ?

即時性の高い米国の景気指標として ECRI景気先行指数 という指数があります。

第三の山

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

もうすぐ10年

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

日本のリートの方が割安?

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国上場ETF

わざわざ今からがんばるのはちょっと気が引けるか

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

ここでもミスマッチ

即時性の高い米国の景気指標として ECRI景気先行指数 という指数があります。

米国社債スプレッドは縮小中

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

大騒ぎする水準でもないですが・・・

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国上場ETF

好景気は誰もが予想する以上に長続きするだろう

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

12月以降、回復をみせる米国景気・・・

即時性の高い米国の景気指標として ECRI景気先行指数 という指数があります。

気が早いかもしれませんが・・・

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

2018年は1月以降、リスク許容度が低下した?

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

いったん下がってすぐ戻る <米国リート・2018年12月>

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国のETF

失業率は上昇したが・・・

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

がけ崩れにご用心

即時性の高い米国の景気指標として ECRI景気先行指数 という指数があります。 この指標では引き続き米国景気にやや暗雲。

確実な未来を指し示す予言?

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

米国失業率、9年1ヶ月の低下トレンド

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

こちらもスプレッド拡大中 <米国リート・2018年12月>

<米国ETF【IYR】と米10年債の利回り差>から米国リートの割高、割安を探ってみます。 ※IYR:ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動する投資成果を目指す米国のETF

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly